こんな近くに癒しの散歩道・・・その2 

ハイ
あまりにも早食いで鼻にいったのか?なんだか咽せているモモ
  『ガハッゲホッゴホッ・・・お~窒息死するとこだったです

『誰も、モモのご飯取りゃ~しないよ・・・¬_¬・・・byパパ・ママ



・・・つづき
近場にこんなに良い公園を見つけて散策し始めたモモとパパ・ママ!
公園散策を続けていると、何だかいい感じの遊歩道を発見したので
行ってみることに・・・

すると、なんだか小さな神社が・・・

IMG_6219-1.jpg

軽く手お合わしてお辞儀をして、引き続き進んでいくと・・・

IMG_6220-1.jpg

何だか湧き水が出ていて、日本の名水百選の一つらしいです
その湧き水からの小川の脇には・・・

IMG_6222-1.jpg

【真姿の池】【真姿弁財天】があり、こう書かれてました・・・

847年(承知14年)、
当時絶世の美女と謡われた玉造小町は、業病とされた皮膚の病に冒され、
その容色を失い、治療の効なく変わり果てた己が姿に、
「御仏の慈悲にすがっても」と意を決し、小町は当時の国分寺を訪れ、
薬師如来にぬかづいて一心に祈り続けたところ、二十一日目に一人の童子が
忽然と現われ、小町をとある池の畔に誘い、
「この池水にて身を洗うべし」そういいおいて童子は姿を消してしまうが、
藁をもすがる想いで小町がいわれたとおりにしたところが、七日にして、
元の美しい姿を取り戻した。


ここでも軽く手を合わせて、お辞儀をいたしました

IMG_6224-1.jpg

とても雰囲気の良い小道に・・・

IMG_6223-1.jpg

湧き水から流れる小川が、気持ちを落ち着かせてくれます。
湧水群を抜けると、そこには【お鷹の道】と書かれた小道が・・・

IMG_6226-1.jpg

『あ~、ここがそうか~』・・・byパパ・ママ
聞いた事はありましたが、こんな近くにありながら初散策・・・

IMG_6225-1.jpg

人がすれ違える程度の道幅ですが、何とも言えない癒しの遊歩道
引き続き散策していると、何やら『史跡の駅 おたカフェ』と言う看板が・・・

IMG_6229-1.jpg

テラスなら『ワンコOK』との事なので、ちょっとブレイク

IMG_6234-1.jpg

モモは、パパの膝の上で注文したモノを恨めしそうにがん見!

IMG_6235-1.jpg

『パパ・ママだけずるい・・・

北風が冷たいですが、林に囲まれているせいか、テラスでも意外に風はなく
温かいカフェオレが、散歩で冷えた体だけでなく心まで温まりました

【史跡の駅 おたカフェ】http://www.ota-cafe.com/


向いには【武蔵国分寺跡資料館】があり、おたカフェで受付するみたいです。

IMG_6230-1.jpg

温まったところで再び散策・・・

IMG_6241-1.jpg

【武蔵国分寺】に着いて、お鷹の道の散策は終了!
ここには、【武蔵国分寺薬師堂】や【万葉植物園】があるとの事なので、
また暖かくなったら、散策に来ようと思ってます。
夏は、湧水からの小川で蛍も見れるみたいです


しかし、こんな近くに心癒される散歩道があるとは・・・
【灯台下暗し】ではないですけど、いろんな所を検索し散策するのも良いけど
意外に身近なところにも良い所はあるんだなぁ~と思った一日でした



励みになるから
モモの事、応援してくださいね
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
☆☆☆にほんブログ村★★★

スポンサーサイト